大崎出張マッサージのおすすめな理由
マッサージをもっと気軽に受けたいという人は、マッサージ店ではなく出張マッサージのサービスがおすすめです。マッサージ店が自宅近くにあれば問題はありませんが、マッサージ店が自宅から離れている場合にはそこまで来店するというのが面倒な時もあります。その際出張マッサージを利用すれば、マッサージ店にわざわざ来店しなくても自宅にプロのマッサージ師を呼ぶことができます。それに外出するとなると着替えが必要になってきますが、大崎出張マッサージならば自宅で待っていれば良いので寝間着のままで大丈夫です。わざわざ着替えるという手間もなくなります。また、大崎出張マッサージは深夜でも利用することができます。それは多くの出張マッサージ業者が深夜帯も営業しているからです。マッサージ店のような実店舗を構えているところは深夜まで営業していることはほぼありません。そのため帰りが遅くなってしまってマッサージを受けたいと思ってもマッサージ店では既に営業が終わっているので無理ですが、出張マッサージならば深夜からでもマッサージを受けることができます。
大崎出張マッサージならば自宅で待っていれば良いので寝間着のままで大丈夫
大崎出張マッサージ リンパマッサージ | 【東京ラヴィジュール】

大崎と百反通り

品川区の北側にあるJR大崎駅を中心にしたエリア。
北側から東側を目黒川、西側を東急池上線、南側を百反通りに囲まれた、三角の形をした地区になります。
北側は目黒川をこえると同じ品川区の五反田地区に隣接しています。大崎地区は古くは工場が多く立つ地域でしたが、近年は再開発により隣の五反田地区と連続した商業地に変化しつつあります。
ところで気になるのは、南側の町名界となっている百反通りの名前の由来。道路は道幅10米程度の2車線に歩道のある両側に商店が並ぶ通りで、西側へ向かって登り勾配になっています。百反坂とも呼ばれています。百反となっているので、農地の広さや反物が由来になっているのかと思いきや、どうも違うようです。もともとこの道は坂道ではなく階段状になっていたそうです。やがて荷車などが通るため階段を坂道に改修。現在の姿になりました。もともとは百段と呼ばれていたのですが、百段は階段の段数が百段だったわけではなく、段数が多いことを百段と表現したようです。後に坂道になったことにより百反に転化したといわれています。古くからの商店街で、昭和初期には演芸場や駄菓子屋、銭湯、桶屋などの商店があつまり、人力車が通行できないほど人出だったどうです。
往時のにぎわいを想像しながら百反通りを散策してみてはいかがでしょうか。坂の下、JR線と交差する東側には由来を記した碑が建てられています。